シートベルト着用の有無と責任|交通事故無料法律相談<名古屋><名駅><東三河><後遺症>弁護士法人クローバー

弁護士法人クローバー
交通事故相談
メールでのお問合せ

シートベルト着用の有無と責任

今日はシートベルトを着用しないことが事故の際の責任にどう影響するかを考えます。

 そもそも、現在シートベルト着用はどのように義務付けられているのでしょうか。
 まず、当然のことですが、自動車の運転者はシートベルト着用が義務づけられています(道路交通法71条の3第1項)。また、運転者は、同乗者に対しても、シートベルトを着用させる義務があります(同条第2項)。そして、これらの義務に違反した場合、違反点数の加点処分(1点)が定められています。
 このように、シートベルトの着用義務は運転者に課された義務であり、運転者以外の同乗者が負う義務ではありません。つまり、仮に助手席の同乗者が自動車の免許を持っていたとしても、その同乗者がシートベルトをしていないことで違反点数の処分を受けるのは運転者だけということになります。
 なお、法改正による法律の変遷があるため、「高速道路では義務だが一般道は違う」とか、「運転席、助手席は義務だが後部座席は義務ではない」といった誤解が一部で残っているかもしれませんが、現在では、全ての座席において着用が義務付けられています。そして、その義務を負っているのは運転者です。
 ここで、「公共のバスはシートベルトをしていないし、そもそもシートベルトがないけど、なぜだろう?」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。それは、バスは例外的に基準が緩和されているためであり、この場合シートベルトをしていなくても運転者を含め、誰も法律に違反してはいません。一方で、高速道路を走行するバスについてはシートベルトの着用義務がありますので、乗客のシートベルト不装着は運転者の義務違反にあたります。

 さて、シートベルトの着用義務を確認したところで、交通事故の際、シートベルトの不装着がどのように考慮されるのか、過失相殺(事故で損害を負った側の過失割合を考慮し賠償額が制限される考え方)の観点から見てみましょう。次のような事例を考えます。

〜ケース1〜
 Aさんが運転していたところ、Bさんが運転する車と衝突してしまいました。Bさんの車には、助手席にCさんが乗っていましたが、Cさんはシートベルトをしていなかったため、激しくフロントガラスに頭をぶつけて大ケガを負ってしまいました。Aさんとしては、事故を起こしてしまったこと自体は大いに反省しいていますが、Cさんがシートベルトを着用していれば大ケガの程度は軽かったはずなので、損害額をすべて賠償することにあまり納得がいきません。

 まず、先ほど述べたとおり、運転者以外の同乗者であるCさんにとっては、シートベルトの着用は義務ではありません(運転者Bさんの義務)。そうなると、Cさんとしては、シートベルト着用はCさん自身の義務ではないのだから、シートベルトの不装着によって大きなケガを負ったとしても、Aさんが損害額を全額支払うべきだと言いたいかもしれません。
 しかし、Cさんに法的義務がなくても、社会常識的にシートベルトをすることが当たり前になっているのであれば、過失としてとらえることは可能です。実際、多くの裁判例で、同乗者のシートベルトの不装着を理由に過失相殺が認められています。今回のケースでも、Cさんの過失を認め、Cさんの負った損害額全額をAさんが負担するのでなく一部はCさん自身が負担する可能性はある程度高いでしょう。

 もっとも、シートベルトの不装着があれば、常に過失相殺が認められるとは限りません。過失相殺が認められるためには、シートベルトの不装着によって大きなケガをしてしまったという「因果関係」が必要です。
 次のようなケースを考えてみましょう。

〜ケース2〜
 Dさんが運転する車両が信号待ちで停止していました。その際、Dさんはシートベルトを着用していませんでした。そこへ、Eさんが運転するオートバイが前方から突っ込みフロントガラスを突き破り、Dさんは大ケガを負ってしまいました。

 この場合、Dさんのシートベルト着用の有無に関係なく、Dさんは大ケガを負ってしまった可能性が高いでしょう。つまり、シートベルトの不装着とケガの程度の「因果関係」が否定されそうな事案です。そうなると、Dさんのシートベルト不装着は、ケガをもたらした「過失」とはいえず、EさんがDさんの損害を全て賠償することになります。

 シートベルト不装着と類似の事案として、オートバイや原付バイクとの事故の際に、オートバイやバイクの運転手がヘルメットを着用していなかった場合も、過失相殺の問題として考慮される可能性があります。

 ここまでは、民事上の損害賠償の観点から検討してきましたが、そもそもシートベルトの不装着は、どの座席に座る人にとっても、事故の際に大きなケガをもたらす可能性を高めてしまうことは間違いありません。後部座席であったり、ちょっとした距離のドライブであっても、シートベルト着用を心掛けることが大切です。

このページの先頭に戻る